新しいことを始めるのに不安はつきもの。まず始めることが大切!
よくある質問

誰でも最初は初心者です。
絵を描くのが好きなら、それで充分!
あなたの「好き」こそが「才能」なのです。
OACなら絵を描くのが苦手な人でも大丈夫。
分かりやすいカリキュラムで基本から応用まで段階的に指導します。
しかも一人一人に合わせたキメ細かい少人数指導。
実技は繰り返し反復練習してコツさえつかめば、誰でも驚くほどウマくなります。
あなたもOACの楽しい雰囲気に触れて、きっと新しい目標が見つかるはずです。
学びたいトキが始めドキ!まずは教室を見に来て下さい。


[よくある質問FAQ]

Q1.芸大・美大受験の実技対策はいつから始めるのが良いですか?
A1.個人差もあるのでスタートは早い方が有利です。ですが美大受験では音大受験のように才能を問うというよりも、基礎的な表現力や発想力、ヤル気(志望分野への興味)などを評価することが多いので、(もちろん志望校にもよりますが)高校2年生の冬~高校3年生の春からでも十分間に合います。スタートが遅いからといって悩んでいるよりも、まずは体験や見学から始めることが大切です。  
(回答者・校長:小野田イサ)

Q2.普通科の高校に行ってるし、学校で美術はあまり得意ではないのですが、大丈夫ですか?
A2.絵を描くのが好きなら、それで充分!あなたの「好き」が「才能」なのです。今現在の得意・不得意はまったく関係ありません。だからこそ予備校に来て基本から学ぶのだと考えてください。最近では美術系大学もオリジナリティや発想力を高く評価する傾向にあり、昔のように石膏デッサンを(反射作業的に)くり返し何百枚と描く時代は徐々になくなりつつあるようです。        
(回答者・講師:佐古梨香先生)

Q3.競争率の高い難関大学に入学したら就職がいいってホント?
A3.どちらとも言えませんが数年前から入社試験で出身大学を問わない企業が増加傾向にあります。頑張って大学に入学したものの無為に4年間を過ごしてきた学生よりも知識・技能の習得に取り組んだ学生を評価しているようです。高校生活の受験勉強の間に自分自身と対話し、大学受験後の遠い先にあるものを視野に入れて志望校や志望コースを決定することが大事だと思います。       
(回答者・講師:西本晴菜先生)

Q4.将来、WEBデザインやCGなどコンピュータを使った仕事をしたいと思っていますが、デッサンは必要ですか?
A4.メディア系のクリエイターにとってコンピュータを扱えるようにするのは必須スキルとなりますが、だからこそ、これからの時代は想像力や造形力、アナログな表現力がより重要になっていくとも言えます。                   
(回答者・講師:高島沙羅先生)

☆OAC美術スクールには学力や実技による入塾基準はありません。
☆OAC美術スクールには美大受験専門のクラスの他に一般絵画コース、こどもアトリエも併設しています。一般絵画・こどもアトリエの詳細につきましては左のサイドメニューにある「絵画教室」」・「こどもアトリエ」のタブをクリック下さい。


まずは無料一日体験入学(3時間)か教室見学をおススメします。電話・Eメールにて随時受付中!

学び時が始め時

【2007/07/10 12:10】 | よくある質問(FAQ) | page top↑
| ホーム |